F.A.Q 〜秋田のペットの為に、火葬と納骨、供養を行います。

お問合わせ
0120-11-8343
FAQ

よくある質問


Q1合同と共同の違いが解らない。
一般的に、ペット斎場ペット霊園では、個別の火葬と合同の火葬方法と、個人墓地と合同墓地があります。
 合同火葬は、火葬の費用を低くする為に、個別では無く複数体一緒に火葬を行います。墓地も一緒にする事で納骨に関する費用を抑えられます。
共同、種別共同は、火葬と墓地が、1.犬同士だけ、2.猫同士だけ、3.犬猫以外の3つに分かれます。
合同に比べ種別共同は、条件が増えて対象範囲が狭くなるので、合同よりは費用が高くなります。
例として、「犬嫌いの猫だあったので猫同士の種別共同を。」や「ハムスターなので、犬や猫とは別にしたい。」のような理由で選ばれます。
Q2火葬の方法の種類がありすぎる。
火葬を個別で行いたいか否か、遺骨を手元に残したいか否か、設定された予算が選択条件となります。

亡くなったペットを火葬したいと考えられて時点では、人間の葬儀をイメージされる方が多いと思いますが、
そのイメージに近いのが個別立会です。
立ち会う時間がない場合は、個別の一任となります。
ペットの直葬は、安価に遺骨を残す事をメインにした内容なので、火葬以外は全て省き、火葬時の効率上げるための制限を行っております。
また、持ち帰ったお骨をどうするのかは、あらかじめきちんとお考えください。

合同または種別共同の火葬納骨は、セレモニー→火葬→納骨(供養塔婆初回制作)まで含まれます。
ペット供養として十分な内容で、ある程度安価な価格にもなっています。
Q3火葬の時に火葬の時に色々もたせたい。
ペット専用の火葬炉は、原則ペットの遺体の火葬のみの火葬を行うという制限があります。
火葬の際に、使用していた物を全て一緒に焼く要望を出される方が時々いらっしゃいますが、
それが出来るのはゴミ焼却炉です。
今は、人間の火葬でも持たせられるものの制限が増えております。
ペットの場合も同様で、花や食べ物、手紙写真衣服など少量に限らせていただいております。
Q4ネット検索するといろいろ出て来て解らない。
インターネットで検索すると、検索結果のトップには広告が優先的に表示されます。
小さく広告とは表示されますが、解りにくいのは確かです。

秋田ペット霊園では、
イオンライフさんの「イオンのペット葬」、イオンペットさんの「メモリアルなび」、アニコムさんの「アニコムメモリアル」
と提携しておりますので、そちらの広告にも記載されますが、それぞれでサービス内容が変わっておりますので、
当園に直接連絡された場合と、それぞれのサイトを経由された場合で、提供内容が変わります。
他にも、全国規模の顧客満足度ナンバー1と表記してあるサイトは多数ありますが、内容はきちんとお確かめください。
Q5家で火葬したい。
移動火葬炉をご希望という意味になると思います。
 秋田市では「花音(かのん)」さんがペットの移動火葬をやられております。
ただし、火葬には様々な条件があります。
1.火葬を依頼した方の所有する土地に火葬車両を駐車できる事
原則路上駐車での火葬は不可能で、商業施設の駐車場も不可能です。
2.駐車した火葬車両の煙突の上空に、電線等の配線がされていない事。
煙突からの排熱もあるので、上空が高温になるため
3.火葬炉の電源のAC100Vの給電が必要です。
電源が取れない場合は、火葬の間車両のエンジンがかかったままになります。
  4.近所の方から、火葬停止の要求があった場合は、火葬を停止しなければなりません。

このような条件があるので、自宅での火葬はできないケースもあるようです。

ページトップへ戻る