秋田ペット霊園

お問合わせ
0120-11-8343

火葬について


私たちは、どちらかと言えばペットを飼っている側の人間で、さらにペット側とも言えるのかもしれません。
残念ながら亡くなってしまったペットを土葬する事は否定しません。
ただ、大切な仔の身体が、地中で生物に食べられたり腐敗して分解される姿は想像したくありません。
だから、火葬をキチンと行います。
火葬の状況は一つとして同じでは無いので、毎回が真剣勝負です。
真剣勝負の火葬を続けることが、プロである私たちの仕事であり、利用者様との約束と考えます。

原則としてペット火葬は、愛玩動物であるペットの身体のみが対象となります。
その為、火葬時に一緒に持たせられる物も、その量や材質が限られます。
ペットフード類は少量中身だけ、お花も身体の周りを飾る程度の量、衣類も数着、首輪やハーネス、リードは1組程度、タオルやクッション・ベッド類も部分的に切り取る形であれば、と言う感じになります。
金属や陶器、木材の日用品やおもちゃ類も持たせられないものがありますので、ご確認願います。

「火葬」は、一体づつの個別火葬と、
複数体一緒の集合火葬の2つに分けられます。

人間の場合と同様に送ってあげたいと言う気持ちが基本になるので、火葬方法は、「個別立会火葬」が基本と考えております。
立ち会う時間がない場合等が「個別一任火葬」となります。
個別火葬は不要のお考えでしたら、種類を問わない集合火葬の「合同火葬納骨」で、
犬同士だけ猫同士だけ又は犬と猫以外とだけの区別を希望される場合は「種別共同火葬納骨」となります。
供養は自分の考えでできるから火葬だけをご希望の場合が、「ペットの直葬」となります。

「火葬」は火で弔う事です。
 秋田ペット霊園は、火葬にこだわり、
 全ての火葬に真摯に向き合い続けております。

ページトップへ戻る